カップルに人気の旅行特集
プレミアムレストラン

top_shukuhaku2.jpg top_konyoku2.jpg



廣貫堂資料館

廣貫堂資料館

越中富山の薬売り」と言う言葉があるように、古くから富山県を代表する産業の一つとして知られてきた製薬業。その歴史は300年以上も遡り、長い間人々の病気を治す手助けをしてきました。そんな歴史を見られるのがこちら「廣貫堂資料館」。製薬会社「廣貫堂」に隣接してあります。


ますのすし本舗源 ますのすしミュージアム

ますのすしミュージアム

富山県の郷土料理、お土産や駅弁としても人気がある「ますのすし」。サクラマスを酢で味付けして笹で包み込んだ押し寿司で、300年もの歴史を持っています。「ますのすし本舗源」は、そんなますのすしを100年以上作り続け、全国にその名を広めてきました。

五箇山合掌造り集落(菅沼合掌造り集落)

菅沼合掌造り集落

"合掌造り"と言えば、岐阜県の「白川郷」を思い浮かべる人が多いと思いますが、富山県にも白川郷同様、立派な合掌造りが残る集落があります。「相倉合掌集落」と「菅沼合掌集落」から成る「五箇山合掌集落」。1995年に世界遺産に登録された集落です。

五箇山合掌造り集落(相倉合掌造り集落)

相倉合掌造り集落

岐阜県飛騨地方の白川郷合掌集落と共に、世界遺産に登録されている富山県の「五箇山合掌造り集落」。五箇山合掌造り集落は、相倉集落と菅沼集落の2つから成り、車で20分程度の少し離れた場所に位置しています。今回は北側に位置する「相倉合掌造り集落」をご紹介。

道の駅上平ささら館

道の駅上平ささら館

五箇山合掌集落近くの、富山県最南端の道の駅「上平ささら館」。五箇山に観光やデートに来たのなら、ぜひ立ち寄っておきたい道の駅です。五箇山の大自然に囲まれ、時を忘れ癒しの時間を。お土産なども充実しています。

氷見魚市場食堂 海寶(かいほう)

海寶

富山県と言えば新鮮な海鮮!特に氷見市は、真夏でも雪解け水が河川へ注いで豊富なミネラルを含んでいるため、良質なプランクトンを食べて育った魚たちは旨みが詰まっているのです。そんな氷見の旬の魚や、海の幸のお料理を提供しているのが「海寶」なのです。

氷見漁港場外市場 ひみ番屋街

氷見漁港場外市場 ひみ番屋街

富山県氷見市にあった「氷見フィッシャーマンズワーフ海鮮館」が2012年に閉店し、現在はそこからすぐの場所に、新たに「氷見漁港場外市場ひみ番屋街」が建てられました。以前と同様、新鮮な富山のお魚などが取り揃えられた賑やかな市場となっています。

新湊きっときと市場

新湊きっときと市場

富山県、石川県、福井県などの北陸地方に旅行に行くなら、絶対外せないのが海の幸!日本海の荒波にもまれて身が引き締まったお魚がとってもおいしい。各所に北陸の魚介を安く購入できる市場があるのですが、今回は富山県射水市の「新湊きっときと市場」をご紹介。

高岡大仏

富山県にある高岡大仏は、奈良、鎌倉の大仏に次ぎ、日本三大仏の一つに数えられています。また、小杉大仏、庄川大仏と共に、越中三大仏の一つでもあるそうですよ。
30年の歳月をかけて造られた、端正な顔立の外にある大仏です。総高15m85cm、重量65トンとスケールも大きく、陶器でできています。

高岡大仏

黒部ダム

ダムの高さが186mと日本一を誇る日本を代表するダムが、富山県にある「黒部ダム」。目の前には北アルプスが広がり、雄大な自然の中にあります。

黒部ダム扇沢駅

富山と長野の境目にあるので、どちらからも行くことができます。富山県側からだと有名な雪の壁の道を走る、「雪の大谷」などを見ながら行くことができますよ。どちらともマイカー規制がされており、長野県側は扇沢駅、富山県側は立山駅で車を止め、あとはバスやケーブルカーなどを使って行くことができます。

長野の扇沢駅からだと、環境を配慮した電気で走るトロリーバスで16分、富山の立山駅からだとバスやケーブルカーを使って1時間ちょっとかかります。その道中もまたきれいな景色を見て楽しめるのが特徴です。

二上山の八重桜

二上山の八重桜

富山県高岡市、標高274mの小高い山の上に4月下旬〜ゴールデンウィークにかけて、八重桜が咲き誇ります。八重桜なのでソメイヨシノなどの桜よりも、ちょっと遅い春を楽しめますよ。約100本もの桜が咲き、桜並木を歩くことができます。

となみチューリップフェア

となみチューリップフェア

国内最多、500品種、100万本のチューリップが咲き誇るチューリップフェアが、毎年4月下旬から富山県砺波市で開かれています。日本海に面して寒い地方なので、東海地方より開花が遅く、ちょうどゴールデンウィークの頃には見ごろになります。東海からは少し離れますが、人気の観光スポットでおすすめの場所ですよ。