カップルに人気の旅行特集
プレミアムレストラン

top_shukuhaku2.jpg top_konyoku2.jpg



ミツカンミュージアム(MIM)

ミツカンミュージアム

味ぽんやお酢でおなじみのミツカン。創業地である愛知県半田市の本社に隣接し、以前は博物館「酢の里」だった場所に、2015年11月に新たに「ミツカンミュージアム(愛称MIM)」をオープンさせました。

ミツカンミュージアム

普通の博物館とは違い、事前予約制でツアー形式になっています。(突然行っても予約がないと入れないので要注意!)ミツカンミュージアムでは、ミツカンの歴史や酢づくりの伝統などを見学することができます。

ミツカンミュージアム

館内は、「大地の蔵」「風の回廊」「時の蔵」「水のシアター」「光の庭」に分かれています。酢造りの歴史や技術から、現代の食文化についてまで学ぶことができますよ。実際に酢が作られていた様子が分かりやすく展示されており、楽しく見学できます。

ミツカンミュージアム

量ってみたり運んでみたり、見るだけではなく体験型のミュージアムになっており、小さなお子さんでも楽しめる工夫がされているので家族連れにも人気です。江戸時代から脈々と受け継がれるものづくりの精神に触れられますよ。

ミツカンミュージアム

ミツカンミュージアムの中で一際大きく一番目立っているのが、江戸時代に活躍していた長さ約20メートルの「弁才船」。半田から江戸まで、1〜2週間かけて酢を運んでいた船を再現したそうです。実際に甲板に乗ってみることもできますよ。

ミツカンミュージアム

普段私たちが当たり前のように使っているミツカンの商品ですが、そんなミツカンが誕生したのは明治時代に遡ります。有名なミツカンのマークも当時から変わっておらず、家紋から生まれたそうですよ。実はとても長い歴史を持った会社と言うことがこの博物館で分かりました。

ミツカンミュージアム

外を覗けば、古くから続く運河沿いの黒塀の景観が広がります。江戸時代もこの運河を利用して、酢を運んでいたんですね。普段は予約制ですが、時折自由見学で予約がいらない場合もあるので、詳しくはホームページをチェックしてください。


矢印
周辺の人気宿泊施設


中部国際空港セントレアホテル
【住所】:愛知県常滑市セントレア1−1  



 コンフォートホテル中部国際空港
【住所】:愛知県常滑市セントレア4-2-3 



名鉄イン知多半田駅前
【住所】:愛知県半田市更生町1‐2



東横イン中部国際空港本館
【住所】:愛知県常滑市セントレア4-2-5  



ホテルAU常滑
【住所】:愛知県常滑市新開町3ー174−1


矢印

住所:愛知県半田市中村町2-6
営業時間:9:30から30分毎(最終 15:30)※要予約
入場料:大人300円
定休日:木曜
駐車場:あり(無料)
ホームページ:ミツカンミュージアム


[ここに地図が表示されます]









デートスポットをランダムに表示



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...