カップルに人気の旅行特集
プレミアムレストラン

top_shukuhaku2.jpg top_konyoku2.jpg



長良川の鵜飼

長良川の鵜飼

1,300年ほどの歴史を持つ岐阜県長良川で行われる「鵜飼」。岐阜県民のみならず、全国的にも有名な岐阜県が誇る伝統です。毎年5月11日から10月15日まで、中秋の名月と増水時以外の毎日行われ、鵜飼観覧船に乗って間近で見ることができます。

長良川の鵜飼

観覧船乗り場は、江戸時代に川湊として栄えた川原町。ここに多数の屋形船が待機しています。夏のシーズンは他県からのお客さんも多く、予約が取れないほど人気となるので、予約はお早めに。(事前にインターネットや電話での予約となります。)

長良川の鵜飼

船に乗ったらしばし長良川の旅を。1.5kmほど上流まで川を上っていきます。清流長良川を泳ぐことはあってもなかなか船で渡ることはできない体験なので、ここから既に楽しめますよ。観覧船は自分で食事やお弁当を持ち込み、食べながら鵜飼を待つこともできます。

長良川の鵜飼

上流に上って待機していると、6隻の鵜舟がさらに上流から現れます。暗闇の中、「ホウホウ」と言う声と共に篝火の光が灯り、その光景はまさに幻想的。鵜匠一人が10〜12羽の海鵜を操り、川の中を泳ぐ鮎などの魚を取ってくる光景に目が離せません。

長良川の鵜飼

長良川の鵜匠は宮内庁式部職と言い、日本で唯一皇室御用の鵜飼です。鵜匠の技術を見れば、さすが皇室に認められているものだけのことはあると思うほど、その迫力に魅了されてしまうと思いますよ。

長良川の鵜飼

1,300年続く鵜飼は、鵜に魚を取らせると言う漁法の一つとして始まりましたが、現在では漁が目的と言うわけではなく、古典漁法を今に伝えていくと言う観光用のものになります。

長良川の鵜飼

岐阜で夏のデートや観光を楽しむのなら、長良川の花火大会も有名ですが、幽玄で神秘的な鵜飼もおすすめです。きっと、忘れられない夏の思い出になることでしょう。


矢印
周辺の人気宿泊施設


天然温泉 金華の湯 ドーミーイン岐阜駅前
【住所】:岐阜県岐阜市吉野町6−31 



十八楼
【住所】:岐阜県岐阜市湊町10 



 岐阜グランドホテル
【住所】:岐阜県岐阜市長良648



長良川観光ホテル石金
【住所】:岐阜県岐阜市長良112  



ぎふ長良川温泉 きんか
【住所】:岐阜県岐阜市大宮町1-15

(写真:じゃらん.net提供)

矢印

【鵜飼観覧事務所】住所:岐阜市湊町1−2
開催日:5月11日〜10月15日
乗合船料金:Aコース(18時15分)大人3,400円
         Bコース(18時45分または19時15分)大人3,100円
         (土・日・祝祭日大人3,400円)
駐車場:周辺に有り(無料)
ホームページ:ぎふ長良川鵜飼


[ここに地図が表示されます]









デートスポットをランダムに表示



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...