カップルに人気の旅行特集
プレミアムレストラン

top_shukuhaku2.jpg top_konyoku2.jpg



廣貫堂資料館

廣貫堂資料館

越中富山の薬売り」と言う言葉があるように、古くから富山県を代表する産業の一つとして知られてきた製薬業。その歴史は300年以上も遡り、長い間人々の病気を治す手助けをしてきました。そんな歴史を見られるのがこちら「廣貫堂資料館」。製薬会社「廣貫堂」に隣接してあります。

廣貫堂資料館

富山県では16世紀中ごろから薬売りが始まりました。
富山県二代目藩主の前田正甫は、薬に大変関心の深いお殿様でした。たまたま前田氏が腹痛を訴えたおり、備前岡山藩の藩医万代常閑が作った「反魂丹(はんごんたん)」を飲んだところ、とても効き目があり常備薬として持ち始めました。この話が各地で広がり、またたく間に富山の薬は全国に広まったそうですよ。

廣貫堂資料館

資料館はワンフロアの小さなものですが、ここには薬や廣貫堂の歴史がぎっしりと詰まっています。歴史的・文化的に価値の高い古文書や、当時の薬売りが使った珍品などが展示されています。

廣貫堂資料館

富山の薬の商いは現在の方法とは違い、「先用後利」と言うのが一般的でした。これはお得意先に何種類もの薬を預けておいて、後から使われた分の代金をもらい、新しいものを補充するというもの。薬などが入った柳行李を背負った薬屋さんの姿は、長い間人々に親しまれてきました。

廣貫堂資料館

江戸時代に富山藩主は、薬の原料を大阪の薬問屋から仕入れ、製法も厳しく管理し、より良い薬作りに努めてきました。今でこそ現代技術を駆使して薬が作られていますが、昔はこういった道具を使い、原始的な方法で作られたいたんですね。こういった歴史があって今にいたります。

廣貫堂資料館

廣貫堂は、売薬さんたちの共同出資によって設立された製薬会社。なんと明治9年に開業しているそうです。長い歴史の中で作られてきた薬たちも見ることができますよ。大正時代や昭和時代の薬のパッケージは、レトロでかわいらしく、おもしろみもあります。

廣貫堂資料館

東海地方だと岐阜県の「内藤くすり記念館」がエーザイの同じような薬の資料館になります。こういった施設はメジャーなスポットではありませんが、意外と魅力が詰まった施設ですよ。無料で入館できる上栄養ドリンクのサービス付きなので、普通のデートに飽きたらぜひ遊びに行ってみてください。


矢印
周辺の人気宿泊施設


天然温泉 剣の湯 ドーミーイン富山
【住所】:富山県富山市大手町4−8 



山田温泉元湯玄猿楼
【住所】:富山県富山市山田湯1017 



アパホテル<富山駅前>
【住所】:富山県富山市明輪町88-2



立山国際ホテル
【住所】:富山県富山市原45 



リバーリトリート雅樂倶
【住所】:富山県富山市春日56-2

(写真:じゃらん.net提供)

矢印

住所:富山県富山市梅沢町2-9-1
営業時間:9:00〜17:00
入館料:無料
駐車場:有り(無料)
ホームページ:廣貫堂資料館


[ここに地図が表示されます]









デートスポットをランダムに表示



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...