カップルに人気の旅行特集
プレミアムレストラン

top_shukuhaku2.jpg top_konyoku2.jpg



岡崎城(岡崎公園)

岡崎城

桜の名所として有名な、愛知県の「岡崎公園」。徳川家康の生地である「岡崎城」があった場所で、現在は復元された岡崎城が建っています。

岡崎城

お城のすぐ手前にあるのは「龍城(たつき)神社」。金色の龍が現れたという伝説が残り、徳川家康と本多忠勝とを合祀する東照宮でもあります。出世や厄除などのご利益があるとされている神社なので、お城に入る前に参拝をお忘れなく。

岡崎城

参拝を済まし、早速お城の中に入ってみます。入り口付近にあるのは、岡崎城を支えてきた「磁石」。岡崎城パワースポットとなっています。手で触れてパワーを感じれば、あなたも偉業を成し遂げられるかもしれません。待ち受け画面にもどうぞ。

岡崎城

桶狭間の戦いの後に徳川家康が岡崎城を拠点に三河を統一し、天下統一の礎を築きました。その後田中吉政、本多氏(康重系)、水野氏、松平氏、本多氏(忠勝系)と入城していきます。館内れはそんな歴史を学べる歴史博物館になっています。

岡崎城

甲冑や武器などは、お城に行くと定番の展示物です。ここの展示数はかなり少なかったですが、実際に戦いの時などに使われていた道具を見ることができます。戦国マニアにはたまらないスポット。侍は日本以外のお客さんにも人気で、外国からのお客さんも多かったです。

岡崎城

シャチホコと言えば名古屋城の金のシャチホコが有名ですが、実は岡崎城にもあったそうです。許可を得ずに瓦などに金を施すことは許されていなかったそうで、ここのシャチホコは金じゃなかったようですね。

岡崎城

どこの博物館に行っても当時の町並みを再現したジオラマやレプリカはよくあるんですが、ここにも城下町の一日を再現した模型がありました。シアターで映像も流れています。

岡崎城

岡崎は城下町であると共に「その賑わい駿府(静岡市)につぐべし」と言われるほどの宿場町でもありました。百十数件ほどの旅籠や宿や建ち並び、旅人の憩いの場になっていたんですって。歌川広重の東海道五十三次も残されています。

岡崎城

展示物は少なくてすぐ見終わってしまいますが、文章ばかりでなく、イラストやジオラマ、映像などを多く使っているので、楽しめる展示になっています。デートでお城巡りも楽しいですよ!

岡崎城

岡崎は三河花火発祥の地とされ、夏の花火大会も人気のイベントの一つとなっています。春のさくら祭りが有名ですが、バラエティーに富んだ花火大会もカップルには欠かせません。

岡崎城

天守閣まで登ると、パネルで思い出の写真を撮ることができます。入場料も安いので、お財布にも優しいデートスポットでした。

岡崎城

岡崎城

外に出ると辺りの景色がとてもきれい。春に訪れると、上から桜が咲いている様子が見られるのでおすすめ。電車が桜の後ろを通り抜ける光景も見ることができます。徳川家康が見ていた景色を、大名気分でお楽しみください。


矢印
周辺の人気宿泊施設


ABホテル豊田元町
【住所】:愛知県豊田市東新町(とうしんちょう)3−63−1 



紫翠閣とうふや
【住所】:愛知県豊田市笹戸町畷7



天然温泉 三洲の湯 ドーミーインEXPRESS三河安城
【住所】:愛知県安城市三河安城本町1−1−3



猿投温泉 ホテル金泉閣
【住所】:愛知県豊田市加納町馬道通21  



白鷺温泉 白鷺館
【住所】:愛知県豊田市篭林町塩平21番地

(写真:じゃらん.net提供)

矢印

住所:愛知県岡崎市康生町561
開園時間:午前9時〜午後5時 ※入館は午後4時30分まで
入館料:大人200円 (家康館との共通券:大人510円)
駐車場:周辺に有り(有料)
ホームページ:岡崎城


[ここに地図が表示されます]









デートスポットをランダムに表示



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...