カップルに人気の旅行特集
プレミアムレストラン

top_shukuhaku2.jpg top_konyoku2.jpg



羽島市歴史民族資料館・羽島市映画資料館

羽島市歴史民族資料館・羽島市映画資料館

全国的にも珍しい映画の博物館が岐阜県羽島市にあります。なぜか「羽島市歴史民族資料館」と同じ建物内にあり、共通料金で両方楽しむことができます。羽島の小さな商店街の中の、とっても分かりにくい場所なので、あらかじめ調べてから行ってください。

羽島市歴史民族資料館・羽島市映画資料館

まず入り口付近で目に付くのが、大きな「大八車」。これは人8人分の代わりとなっていた荷車。始めは数人で引いていたんですが、道路がよくなってからは、一人引きの運搬車として広く普及したものだそうです。

羽島市歴史民族資料館・羽島市映画資料館

さて中に入ってみると、邦画のポスターがびっしりと展示されています。私は洋画派なので知らないものも多かったですが、相棒、踊る大捜査線、ALWAYS三丁目の夕日など、人気どころも外しません。見る人の目を楽しませています。洋画版HACHIのハチ君もお出迎え。

羽島市歴史民族資料館・羽島市映画資料館

ここには、ポスターや映写機や映画小物などの映画資料が、約50,000点収蔵されているんですって。この地は昔、竹鼻朝日館という映画館だったそうです。そんなことからこんな博物館が作られたようですね。

羽島市歴史民族資料館・羽島市映画資料館

美空ひばりさんや由美かおるさんなどが出演している、昭和初期の映画ポスターも多数あります。建物はちっちゃくて分かりくい割に、県外からも何組かお客さんが来ていました。映画のコレクターやファンには聖地的場所かもしれません。

羽島市歴史民族資料館・羽島市映画資料館

昔は多かった商店街などにあるちっちゃな映画館はほとんど無くなり、今ではショッピングモールなどに入る大型の映画館がほとんどです。昔の映画や機材を後世に残して行こうと、毎月第2土曜日に、古い映画を上映しているそうです。こういった試みはとっても素敵だと思います。

羽島市歴史民族資料館・羽島市映画資料館

さて次は、羽島市歴史民族資料館の法です。こちらはよくある地域の歴史館といった感じ。記事ではまとめましたが、映画の方と展示がごちゃごちゃになっていて、1Fと2Fに分けるなどしてほしかった…。

羽島市歴史民族資料館・羽島市映画資料館

戦国時代から昭和の道具まで、様々な資料が約8,500点展示されています。昔のタイプライター、ガリ版、ワープロなど、貴重な機械が目を引きます。

羽島市歴史民族資料館・羽島市映画資料館

こちらは昭和時代の家電など。黒電話、ポット、冷蔵庫、洗濯機、あー昔おばあちゃん家にあったなぁと懐かしくなりました。それにしても昔の家電って、なんでこんなにかわいいのかしら。レトロでおしゃれ。

羽島市歴史民族資料館・羽島市映画資料館

そして羽島と言えば「円空」が有名。江戸時代の僧侶で、円空仏と呼ばれるのっぺりした顔の独特の木彫りの仏像。羽島市生まれと言われており(郡上市美並町説もありますが)、もちろんここにも展示されていました。

羽島市歴史民族資料館・羽島市映画資料館

正直あまり期待せずに行ったんですが、映画資料館の方も含め、思ったよりとても楽しめました。この時は企画展で「昔のくらしと道具展」が開催されていたんですが、時期によって様々な企画もあるようです。入場料も安いので、行ってみて損はないと思いますよ。


矢印
周辺の人気宿泊施設


天然温泉 金華の湯 ドーミーイン岐阜駅前
【住所】:岐阜県岐阜市吉野町6−31 



十八楼
【住所】:岐阜県岐阜市湊町10 



 岐阜グランドホテル
【住所】:岐阜県岐阜市長良648



長良川観光ホテル石金
【住所】:岐阜県岐阜市長良112  



ぎふ長良川温泉 きんか
【住所】:岐阜県岐阜市大宮町1-15

(写真:じゃらん.net提供)

矢印

住所:岐阜県羽島市竹鼻町2624-1
営業時間:午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日:月曜・第3日曜
入場料:300円
駐車場:有り(無料)
ホームページ:羽島市歴史民族資料館・羽島市映画資料館











デートスポットをランダムに表示



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...