カップルに人気の旅行特集
プレミアムレストラン

top_shukuhaku2.jpg top_konyoku2.jpg



名古屋城本丸御殿

名古屋城本丸御殿

2013年名古屋城のすぐお隣に、本丸御殿が復元されました。戦争で焼失するまでは天守閣とともに、国宝第1号に指定されていた建物です。木曽桧をふんだんに使い当時の手法で忠実に再現されています。お城と共通の料金で見ることができますよ。

名古屋城本丸御殿

そもそも本丸御殿とは、徳川家康の命によって建てられた尾張藩主の住まい。その後藩主は二之丸御殿に居住し、将軍のお成御殿となっていたようです。実際に本丸御殿を使っていたのは、秀忠と家光だけだったそうですけどね。

名古屋城本丸御殿

御殿の中は桧の香りに包まれています。まるで旅館に来たような気分。超高級感漂う建物内の警備は厳重で、スタッフが常に目を見張らせている状態でした。それもそのはず。金箔が全面にほどこされた金屏風がどどーんと待ち構えていますから。

名古屋城本丸御殿

ふすまや屏風に描かれた絵は、日本画史上最大の画派「狩野派」の絵師たちにより400年前の色彩が再現されました。虎や豹などの猛獣が描かれているのは、権力の象徴だったんでしょうか。

名古屋城本丸御殿

名古屋と言えば何でも"ハデ"なイメージがありますが、まさにそれを象徴した建物になっています。豪華絢爛できらびやか。部屋によってはその金ぴかを、近くまで行ってみることができます。

名古屋城本丸御殿

基本的には撮影オッケーなんですがフラッシュは禁止。事前にフラッシュは切っておいてくださいね。実際に当時のお偉いさんはこんなお部屋に住んでいたなんてどんだけ派手好きなんだ、という感じです。なんだか眩しすぎます。

名古屋城本丸御殿

外国からのお客さんも多く、"武士"や"侍"の文化を間近に見て驚いていたようです。名古屋城に遊びに行ったら本丸御殿にもぜひ立ち寄ってみてください。復元ですが、歴史や日本の文化を体験できますよ。


矢印
周辺の人気宿泊施設


名古屋マリオットアソシアホテル
【住所】:愛知県名古屋市中村区名駅1の1の4 



ANAクラウンプラザホテルグランコート名古屋
【住所】:愛知県名古屋市中区金山町1-1-1 



名古屋東急ホテル
【住所】:愛知県名古屋市中区栄4-6-8



ダイワロイネットホテル名古屋駅前
【住所】:愛知県名古屋市中村区名駅南1−23−20 



ホテルトラスティ名古屋栄
【住所】:愛知県名古屋市中区錦3の15の21

(写真:じゃらん.net提供)

矢印

住所:愛知県名古屋市中区本丸1
営業時間:午前9時〜午後4時30分 ※天守閣・本丸御殿へのご入場は午後4時まで
観覧料:500円
休園日:12月29日〜31日、1月1日(4日間)
駐車場:有り(有料)
ホームページ:名古屋城











デートスポットをランダムに表示



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...