カップルに人気の旅行特集
プレミアムレストラン

top_shukuhaku2.jpg top_konyoku2.jpg



名古屋城

名古屋城

名古屋の人気デートスポットの一つと言えば「名古屋城」。名古屋のシンボル的存在にもなっている"金のシャチホコ"が大天守に光り輝くお城です。姫路城や熊本城と共に「日本三名城」にも数えられ、名古屋観光の際には外せないスポットですよ。

名古屋城

戦国時代名古屋城ができる前は「那古野城」があったそうです。名古屋城は明治時代には国宝にも指定されていたんですが、残念ながら戦争で焼失してしまい現在は再建されたもの。織田信長はこの城で産まれたと言われ、清洲城に居城を移すまで、ここで青春時代を過ごしていたんですって。

名古屋城

お城を囲うお堀にはなんと白鳥が。アヒルもいました。かわいい!そうそう見られる機会もないので、思わず見とれてしまいます。

名古屋城

名古屋城がある敷地内はとても広く、入場口で500円を払えば、お城以外にもいろいろ見ることができます。入ってすぐにシャチホコがお出迎えしてくれました。シャチホコは城の災難除けと言われ、実物大の鱗に触って、厄除け祈願ができちゃいます。

名古屋城

そしていよいよ城内に入ってみると、ここにも大きなシャチホコが。鯱と言うのは、姿は魚で頭は虎、尾ひれは常に空を向き、背中には幾重もの鋭いとげを持っているという想像上の動物です。古くから守り神とされていたようです。

名古屋城

名古屋城は再建なだけあって、エレベーターなどがあり近代的な造りになっており、どちらかと言うと城というより博物館として楽しんだ方がいいと思います。それでも地階から7階までととても大きく、他のお城とは比べ物にならないぐらい広い。

名古屋城

ここからは城内の展示物です。こちらは名古屋城と周辺の模型。現在あるお城は、焼失する前のお城を忠実に再現しているようで、大きさなどは昔あったお城と近いようです。周りには仕えていた人たちが暮らしている家などもあり、かなり賑やかな場所だったと思います。ここにお殿様がいたんだと思うと、なんだかワクワクしちゃいますね。

名古屋城

企画展示室では武器や鎧などが展示されています。偉い人になるほど顔まで覆える鎧をまとえます。つけ髭などで偉大さを表すこともあるそうです。それに比べて足軽は簡単な鎧とかさだけ。これで命守れるの?と言うほどの軽装…。

名古屋城

平和な世の中からは想像もできませんが、東海地方は戦国時代戦いの舞台になった場所が多いんです。そんな時にこんな馬具や武具が重宝していました。弓矢や刀はもちろん、後には火縄銃などが使われ、大規模な戦いだったことが分かります。

名古屋城

あまり使用されることは無かったようですが、こんな"変り兜"なんてのもあります。烏帽子のような兜、頭巾のような兜、超派手な兜などなど、奇抜なデザインのものも一応あったようです。使っていたのはデザイン重視のおしゃれさんだったんでしょうか。

名古屋城

こちらは体験ゾーン。力自慢の石引き体験や、お姫様気分でお籠体験などがあります。外国からのお客さんもとっても多かったんですが、珍しい体験にハイテンションで楽しんでいました。

名古屋城

戦国時代の城内・城下町が再現されている展示室もあります。ここでは再現された城下町を通して、夜明けから日没まで音と光で藩主のくらしや城下の一日を体験できます。タイムスリップした気分で楽しかったですよ。

名古屋城

名古屋ゆかりの戦国武将、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康。信長が産まれた那古野城の跡周辺に、徳川家康が九男義直のために建てたのが名古屋城。たった400年ほど前までは全く違う世界があったと思うと、歴史はとっても深くて勉強になります。

名古屋城

最上階天守閣展望室からは、名古屋の景色が一望できます。外に出られないのと高い位置にあるお城ではないので、あまり遠くまでは見えませんが、名古屋なので大都会が眼下に広がっていますよ。戦国時代は今とは全然違う城下町を見渡していたんでしょうね。名古屋城でしか変えないグッズもたくさん販売されています。

名古屋城

地元の人でも行ったことがない人もいるかもしれませんが、実際に行ってみるととても楽しくてもう一度行きたいと思える場所でした。私が行った時は休演で見られませんでしたが、テレビなどでも有名な「名古屋おもてなし武将隊」のパフォーマンスが公演している日もあるので、スケジュールを見て行ってみてください。


矢印
周辺の人気宿泊施設


名古屋マリオットアソシアホテル
【住所】:愛知県名古屋市中村区名駅1の1の4 



ANAクラウンプラザホテルグランコート名古屋
【住所】:愛知県名古屋市中区金山町1-1-1 



名古屋東急ホテル
【住所】:愛知県名古屋市中区栄4-6-8



ダイワロイネットホテル名古屋駅前
【住所】:愛知県名古屋市中村区名駅南1−23−20 



ホテルトラスティ名古屋栄
【住所】:愛知県名古屋市中区錦3の15の21

(写真:じゃらん.net提供)

矢印

住所:愛知県名古屋市中区本丸1
営業時間:午前9時〜午後4時30分 ※天守閣・本丸御殿へのご入場は午後4時まで
観覧料:500円
休園日:12月29日〜31日、1月1日(4日間)
駐車場:有り(有料)
ホームページ:名古屋城











デートスポットをランダムに表示




この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...