カップルに人気の旅行特集
プレミアムレストラン

top_shukuhaku2.jpg top_konyoku2.jpg



奥の細道むすびの地記念館

奥の細道むすびの地記念館

江戸時代に活躍した俳聖「松尾芭蕉」。江戸から北陸経由で岐阜の大垣まで旅をし、行く先々で俳句を詠んでいました。この旅は「奥の細道」と呼ばれ、その最後の土地となった大垣市は、奥の細道の結びの地となっています。それを記念してここ大垣市に、「奥の細道むすびの地記念館」が作られました。

奥の細道むすびの地記念館

まず入館前に気になったのが「むすびの泉」。結びの地と縁結びをかけて作られたのでしょうか。詳しくは何も書いてありませんでしたが、「水都大垣」とも呼ばれるほど大垣市は水が豊かできれいなんですよ。縁結びに効果があるか分かりませんけど、流れ出る水はきれいでした。

奥の細道むすびの地記念館

平成24年にオープンしたということで、おしゃれできれいな造り。一つ一つの展示にも力が入っています。シアターで奥の細道について映像で学べるんですが、ここは3Dメガネで見る最新式の映像でした。

奥の細道むすびの地記念館

江戸から岐阜までに詠んだ俳句について、場所別に一つ一つ説明されています。丁寧な説明なんですが、ただこれが結構難しい…。難しい言葉でつらりと説明されているので、俳句好きな方じゃないと分からないんじゃないかも…。

奥の細道むすびの地記念館

こちらは旅をしていた時の道具や服装。こういった視覚で見て分かるものは分かりやすくて楽しいですね。こうゆう展示がもっと多いと良かったかなぁと個人的には思いました。しかし本当に俳句が好きで来ていそうな男性の方たちは熱心に見ていたので、俳句ファンには楽しい場所かもしれません。



ちなみに、大垣には"ゆるキャラ"ではなく"萌えキャラ"がいます。全国にいる萌えキャラを集めたフェスティバルなんかもやっているそうで、大垣でも行われたそうです。大垣は「大垣きゅん物語」というタイトルがついているそう。「奥の細道むすびの地記念館」でもかなり推されていた萌えキャラなのでした。


矢印
周辺の人気宿泊施設


滝元館 遊季の里
【住所】:岐阜県養老郡養老町養老公園1290―167  



養老温泉 ゆせんの里 ホテルなでしこ
【住所】:岐阜県養老郡養老町押越1374番地50  



アパホテル<大垣駅前>
【住所】:岐阜県大垣市高屋町1-150  



スーパーホテル大垣駅前
【住所】:岐阜県大垣市宮町1−40  



ホテルルートイン大垣インター
【住所】:岐阜県大垣市築捨町4丁目115-1

(写真:じゃらん.net提供)

矢印

住所:岐阜県大垣市船町2-26-1
入場料:大人300円
営業時間:9:00〜17:00
駐車場:有り(無料)
ホームページ:奥の細道むすびの地記念館











デートスポットをランダムに表示



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...