カップルに人気の旅行特集
プレミアムレストラン

top_shukuhaku2.jpg top_konyoku2.jpg



福井県立歴史博物館

福井県立歴史博物館

福井の歴史や文化、物作りについて学べる、福井市にある「福井県立歴史博物館」。公園と隣接していて深い緑に囲まれ、街中にあるとは思えないぐらい静かな雰囲気の場所でした。

福井県立歴史博物館

福井の歴史についての展示がされている歴史ゾーンは撮影禁止だったんですが、こちらは撮影オッケーということでパシャリ。レトロな車が何台か置いてあります。キャロル、パブリカ、ミニカ、ブルーバード、どれも実際に生産されていた日本の車。今とはかけ離れた形の車ですが、すごくかわいかったです。車マニアの方にはたまらないんじゃないでしょうか。

福井県立歴史博物館

そして今回おすすめしたいのがこちら。昭和30〜40年代を再現している、人気の「昭和のくらし」コーナー。ちょっとしたスペースですが、昭和の家やお店がまるごと展示されています。豆腐屋さんの「と〜ふ〜♪」やヒグラシの音も流れているので、雰囲気も抜群!もの悲しげな昭和の夕方といった感じ。

福井県立歴史博物館

お店は3件並んでおり、こちらは当時の食堂ですね。食堂は今でもこんな感じのところはありそうですが、サンプルで作られたオムライスやラーメンなどは懐かしいです。

福井県立歴史博物館

こちらは駄菓子屋。さすがにこんな店は今はもうほとんどありませんね。懐かしいはずなのに、現代から見たら逆に新鮮な気がしました。ちびまる子ちゃんがよく行く駄菓子屋さんもこんな感じでしたよね。

福井県立歴史博物館

当時の家の様子。90歳の祖母の家に行くと未だにまだこんな感じなのでそこまで懐かしさはありませんでしたが、三角の旗やアナログのテレビなんかは昔を思い出します。なんか「ALWAYS三丁目の夕日」がものすごく見たくなってきた。

福井県立歴史博物館

展示スペースの中央には、ぎっしり昭和の雑誌や漫画などが並んでいました。今でもある「りぼん」や「なかよし」も当時は全然違います。まさにこの時代を生きてきた母親に見せたら「懐かしい〜」と感激していました。昭和を生きてきた方にとっては、懐かしさがいっぱいの場所です。

福井県立歴史博物館

昔のポスターや看板もたくさんあります。古いんだけど、今となってはレトロでおしゃれに感じます。平成の時代もいつかそう思われる時が来るんでしょうね。岐阜にある「日本昭和村」も昭和の暮らしを再現したテーマパークですが体験がメイン、ここは昭和の暮らしを見学することがメインとなっています。古き良き時代を感じに、いざタイムスリップ!100円の入館料にしてはとても楽しかったです。


矢印
周辺の人気宿泊施設


福井アカデミアホテル
【住所】:福井県福井市菅谷1−1−22  



ホテルフジタ福井(旧福井ワシントンホテル)
【住所】: 福井県福井市大手3−12−2 



勝山東急リゾート ホテルハーヴェストスキージャム勝山
【住所】:福井県勝山市170−70



ホテル リバージュアケボノ
【住所】:福井市中央3-10-12  



源泉かけながし海彩の湯宿 鷹巣荘
【住所】:福井県福井市蓑町3−11−1

(写真:じゃらん.net提供)

矢印

住所:福井県福井市大宮2-19-15
入館料:大人100円
営業時間:午前9時から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)
休館日:第2・第4水曜日
駐車場:有り(無料)
ホームページ:福井県立歴史博物館











デートスポットをランダムに表示



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...